アパート・マンションでネットが無料で使える!?ネット環境完備の物件「J:COM In My Room」の魅力について

 

J:COMが提供するインターネット備え付け物件

皆さんは、賃貸物件をお探しの時、インターネット完備という文字を目にした経験はないでしょうか。
インターネット完備の物件とは、お部屋にすでにネットが導入されていることを指し、入居者が新たにネット回線を申し込む必要がない物件のことです。
このような物件は年々増えており、賃貸専用のネットサービスを提供している事業者もいるほどです。

そして、ケーブルテレビ事業で有名なJ:COMでも、そのようなインターネット完備の賃貸物件をご用意しています。

今住んでいる、もしくは転居先の物件に「J:COM In My Room」のマークがあれば、オーナーが料金を負担してJ:COMに加入しているということなので、入居者はリーズナブルにケーブルテレビやインターネットが楽しめますよ。

ここでは、そんな「J:COM In My Room」のサービス内容を紹介していくので、物件を探しているという方は一読してみて下さい。

ネット環境完備の「J:COM In My Room」

賃貸物件のネット環境は建物によって様々で、住居にネットを導入する際、多くの場合、新たに配線工事が必要となります。
「J:COM In My Room」は、「入居してすぐにネットを使える!」というのが大きなメリット。

「J:COM In My Room」の対象物件には、J:COMのイメージキャラZAQくんと「この建物はインターネット無料で使い放題」の文言が書かれた看板がかかっているので、外からでもすぐ分かるようになっています。
公式発表によれば、2019年9月時点では日本全国多くの地域で約215万件導入されているサービスで、基本的にはJ:COMのサービス全般が使えると考えて大丈夫です。

公式サイトから住所検索もできるので、引っ越しなどで使いたい方はそちらから調べると良いですよ。

代表的なサービスは、「Wi-Fi」「CS放送(アンテナ不要)」「auスマートバリュー」そして「各セットプラン」で、ネットは有線だけではなく、無線のWi-Fiも使えます。
部屋中どこでもネットに繋げられて、高いデータ定額を契約することなく快適にスマホも使えますよ。

J:COMはケーブルテレビサービスであるため、ネットだけではなくCS放送も見られるというメリットがあります。
アンテナ・工事は不要なため、オプションによる工事を除けば、入居してから追加で料金を請求されるということはないですし、auユーザーにとって魅力的なauスマートバリューも普通に使えます。
通常のJ:COMのサービスを受けられると考えて問題ありません。

「J:COM In My Room」の料金は?

「J:COM In My Room」は部屋に備え付けのサービスですが、全ての物件が利用料金賃料込みという訳ではないので、注意が必要です。
J:COMのサービスが無料で使えるかどうかの条件は、特別プラン対象物件であることです。

どのように請求されるかは物件によって違いますが、特別プラン対象外では利用料金は請求されてしまうというのが気を付けて頂きたい点。
おそらく賃料に上乗せ、もしくは別請求で行われるものと考えられます。

特別プランではJ:COMのオーナーがサービス料金を負担しているため、無料か特別料金で使えるというメリットがあります。
「J:COM In My Room」を希望する方はできるだけ特別プラン対象物件を探しておきましょう。

また、「J:COM In My Room」のWi-Fiは全物件が無料という訳ではない、という点にも注意した方がよさそうです。
Wi-Fiが無料なのは、オーナーがその物件でWi-Fi無料の対象プランに加入しているからだと考えられるので、物件探しの際は留意しておきたいです。

「J:COM In My Room」の対象となるサービスは物件ごとに異なります。
そのため、必ずしもネットとテレビが無料で使えるとは限らず、物件によってはJ:COM PHONEやJ:COM MOBILE、地域によってはJ:COM電力などが特別料金で使えるかもしれません。

特別プランは物件のオーナーが契約しているプラン次第といってもいいでしょう。

「J:COM In My Room」の通信速度はどのくらい?

「J:COM In My Room」で採用されている通信速度は有線・WiFi共に下り12Mbpsです。
一般的に、ストレスなく通信できるのは10Mbps(スマホは5Mbps)~30Mbps程度と言われています。
メールやLINE、ウェブサイトの閲覧は問題ないでしょうが、YouTubeなどの動画をサクサク観るというのは難しいと考えられます。

有償で通信速度のグレードアップは可能ですが、40Mbpsか160Mbpsのいずれかまでとなっており、ADSLより少し早いレベルと考えていいかもしれません。

しかし、引っ越し先ではあまり家にいないだろうと考えられたり、普段から活発にネットを利用しないという方には十分かもしれませんね。

まとめ

新規にネット環境を整える時に面倒なのが開通工事なのですが、借りる物件に「始めからネットが完備されていれば良いのに」と思う方も少なくないですよね。

世の中にはインターネット完備と表記された物件がたくさんある中で、「J:COM In My Room」では看板という目印があったり、公式HPから物件の検索もできて利用しやすいはずです。

ですが、通信速度が速いとはいえない点や、Wi-Fi無料、その他のサービスが使えるかどうかは物件次第となります。

しかし、高額な初期費用や月額料金、契約期間が無い、工事不要といったメリットは無視できませんよね。
仕事や進学などで早く物件を決める必要があるといった時に、煩わしいネット・テレビ等の環境が備え付けで、すぐ使える「J:COM In My Room」は重宝できるサービスといえるでしょう。

普段あまり家にいない方、活発にネットを利用しないという方、そしてその分、音楽番組やドキュメンタリーなど、色々な映像コンテンツを楽しみたいという方には、J:COMのサービスが備え付けの「J:COM In My Room」はおすすめできるでしょう。

ここまで「J:COM In My Room」の紹介をしてきましたが、忙しい皆さんの物件・ネット環境選びに役立つことができたなら嬉しいです。
この記事を参考に物件探しを行って、ぜひ快適な新生活を過ごせるといいですね。

JCOMのお申込みサイトはこちら