ガスと電力がお得になるJ:COM ガスの詳細について

ガスと電力がお得になるJ:COM ガスの詳細について
 

ガス自由化に伴うメリット

2017年4月1日からガス自由化が始まり、一般家庭や中小の事務所を対象としています。かつて自由にガスを選択できなかったものの、今では多くの企業がガスの販売に参入したことで競争が活発化されています。それぞれのニーズに合わせて料金プランやサービスを選択できることは大きな魅力です。J:COMではテレビやインターネット、電話や電力とお得なプランを提供しており、J:COMガスへの切り替えもひとつの魅力となります。ガス会社を切り替えるにあたって工事が必要なわけではなく、簡単な申し込みをすれば自動的に契約が切り替わります。どの携帯会社のキャリアを選択するかと同じく、これからはどのガス会社を選択するかも自分で決めていく時代になりました。今まで大手のガス会社のままにしておくのが悪いわけではないものの、さらによりよい選択があるかもしれません。日々の生活を送るうえで絶対にかかるのがガス料金であり、少しでも経済的な負担を軽減するために適切な対応をしていくのが望ましいです。

J:COMとのセット契約が条件

ガスと電力がお得になるJ:COMガスはケーブルテレビとインターネットさらに電話などのJ:COMのサービスとのセット契約が条件となります。J:COMを契約しようと思う方は合わせてJ:COM ガスでお得になるかをチェックした方がよいでしょう。J:COMはガスの供給に含めて大手ガス会社が行うため、今までと何ら変わることはありません。東京ガスや大阪ガスが今まで通り点検などを行うということが安心感にもつながるでしょう。問題となるのは地域別で乗り換えた場合にどれぐらいお得になるかです。一般契約からJ:COMガスに乗り換えた場合にどれぐらいお得になるかは世帯人数によって異なるものです。東京ガスの場合は一人暮らしの場合がお得度が高く、大阪ガスの場合は3~4人がお得度が高いです。東京ガスと大阪ガスでどれぐらいお得になるかは乗り換えシミュレーションを利用すればすぐに判明します。J:COMを契約する場合はJ:COM ガスも合わせて契約することを考えた方がよいでしょう。東京ガスのエリアと大阪ガスのエリアに対応しており、通信サービスとのセット割引が月108円あるのも注目すべき点となります。支払い方法に関してもJ:COMの利用料金と一緒に支払うことができます。クレジットカード払いや口座振替にも対応しており、自分に適した支払い方法を選択できます。

J:COM ガスを申し込む場合の注意点とは

J:COMと合わせてJ:COM ガスを申し込むことでお得になるケースこそあるものの、申し込む前に確認しないといけないことがあります。
まず集合住宅の場合は個人で好きな電力会社を選択できません。
大家さんが電力会社に一括で申し込んでいるかに注目しましょう。
さらにアンペアを変更したい場合は一般送配電事業者に問い合わせをしないといけません。
引っ越しをしてもすぐに利用ができるため、引っ越し先で J:COMと合わせてJ:COMガスを申し込むのは問題ありません。オール電化向けのプランもあり、光熱水費と水道局をまとめることができます。
まだオール電化に対応している新電力はほとんどないからこそ、ひとつの選択肢として覚えておいた方がよいでしょう。
注意点となるのは申し込みの際に最初に手数料が3000円かかります。さらに契約更新月以外の解約の場合、3500~35000円の違約金を支払うことになります。
J:COMを解約することになると同時に切り替えないといけないのはいうまでもありません。

J:COMを長期的に利用する方におすすめ

J:COMとの契約をすることでJ:COMガスとの契約も可能となります。
まず考えないといけないのは余計な違約金を支払わないようにすることです。
J:COMを解約することになるとJ:COMガスも解約しないといけません。
中長期的に利用することを前提としないと余計な違約金を支払うことになりかねません。
さらにほかの会社と比較して本当にお得な選択となるかを考える必要があります。
数多くのインターネットサービスからJ:COMを選択するのなら合わせてJ:COMガスを選択するのはよい選択といえます。
インターネットサービスでは今やスマホや固定電話、電気やガスといったほかのサービスとのセット割が当たり前に行われています。
数多くの選択肢があるからこそ迷いが生まれてしまうものの、あくまでも総合的な判断を下すことを考えるべきです。
J:COMを選択するということはテレビとインターネットを楽しみたいと思う気持ちがあるはずです。
ほかのインターネットサービスや光回線との比較検討をするのが重要です。
そしてセット割の恩恵を受けることによってどれだけお得になるかの計算をしましょう。
あくまでもJ:COMを解約しないことを前提として考えるべきであり、先々の生活の見通しが立たないときにはJ:COMガスを契約するのは余計な違約金を支払う理由につながるものです。
今やインターネットサービスではほかのサービスとのセット割があるため、情報収集して自分にとって適切な選択をするのは当たり前であり、J:COMが適しているのなら視野に入れた方がよいでしょう。