リモートワークや出張にも使える!J:COMのWiMAXの特長と注意点について解説

 

ケーブルテレビのJ:COMでWiMAXが契約できる

ケーブルテレビで業界トップシェアを誇るJ:COMは、実はモバイルWi-Fiのサービス「JCOM WiMAX2+」を提供しているプロバイダの1社でもあります。

とはいえ、ケーブルテレビ会社が提供しているWiMAXは、速度や料金面で契約しても問題ないか不安な方もいるのではないでしょうか。

そこでここでは、J:COMのWiMAXがおすすめできるのかどうか調べたことを記事にしました。J:COMのWiMAXの特長や、知っておきたい注意点まで解説しますので、ぜひ一読してみて下さい。

J:COMのWiMAXは速い?安全?

J:COMのWiMAXは、UQコミュニケーションズのWiMAX回線を借りてサービス提供しています。このように回線を借りて提供している業者を「プロバイダ」と言いますが、WiMAXプロバイダはJCOM以外にも多くあります。

とはいえ、借りている回線自体はWiMAXプロバイダで共通しているため、J:COMと他のWiMAXプロバイダで、電波状況や通信速度・使用できる容量などは変わりません。

J:COMの料金プランの特長

では、気になるのがJ:COM WiMAXの料金面です。

J:COM WiMAXには2つのプランが存在し、「ツープラスプラン」「ツープラス ギガ放題」から選べます。

おすすめは、月間通信量が上限なしである「ツープラス ギガ放題」。

メリットとしては、J:COMのケーブルテレビなど、他のサービスへすでに加入している方は月額料金が安くなります。
また、契約期間はどちらのプランも2年間。契約期間を3年に設定しているWiMAXプロバイダが多いため、J:COMは解約や乗り換えがしやすいと言えるでしょう。

J:COM WiMAXの注意点

・端末が選べない

JCOMのWiMAXでは、端末(ルーター)を最新の「WX06」しか選ぶことができません。最新機種といっても実は、2019年に発売されている「W06」の方が優秀なのです。

最新の「WX06」は、バッテリーの持ちを表す連続通信時間が約14時間と優秀です。しかし、最大通信速度(下り)については「W06」と比較すると劣っています。

この「W06」は速度が速いだけではなく、情報の密度を高めて一度に運べるデータ量を増やすことができ、通信性能も高いため、「Wi-Fiが繋がらない」という状態を避けやすいといえるでしょう。

「W06」の方が接続の安定性、端末本体の繋がりやすさが優れているので、WiMAXを安定して使うことを考えると「W06」が使えないという点は残念であると言えます。

なお、端末は契約時に無料で付属します。レンタルではないため、解約時の返却は不要です。

・端末の回線設定が必要

J:COMのWiMAXは「APNプロファイル設定」という、端末の回線設定を自分で行なわなければいけません。

この設定は、スマートフォンやタブレットをWi-Fi接続するためにパスワードを入力する「Wi-Fi接続設定」とは異なり、出荷されたWi-Fiルーターを「回線開通」させるための作業。

他のWiMAXプロバイダでは、既に設定された状態でお手元に届くのが一般的。そのため、利用者が自分で設定しなければならない点は若干不親切と感じる方もいるかもしれません。

J:COM WiMAXで得られる特典

・端末代金が無料

J:COM WiMAXの大きな特徴のひとつが、「端末の購入費用がかからない」という点です。

WiMAX端末を購入しなければならないプロバイダもありますが、J:COMの場合は無料で手に入ります。

初期費用を安く抑えたいという方は、端末が無料で手に入るJ:COM WiMAXでの契約は大きなメリットですね。

・JCOM 加入割引

J:COMのケーブルテレビやインターネット回線へ加入している方は、割引が適用されます。
こちらは月に266円(2年間で6,384円)しか割引されないため、額としては大きくありません。
ですが、J:COMの他のサービスを利用している方にとっては、年間になると見過ごせない額ではあるといえます。
 

・auスマートバリューmine

「auスマートバリューmine」は、auスマホのユーザーがJ:COM WiMAXを契約した場合、スマホの月額利用料金が最大1,000円(税抜)割引となる制度です。
こちらはauの携帯電話を契約している方にお得な割引サービスです。

ただし、上限である1,000円の割引が全員に適用されるわけではなく、契約しているプランによって最低500円~1,000円の差があることは注意点に挙げられるでしょう。

まとめ

ここまで、J:COMのWiMAXについてプラン内容や特長を確認してきました。

高性能端末である「W06」を選ぶことができない点や、初期設定を自分でしなければならない点など、J:COM WiMAXには少し不親切な部分はあるかもしれません。

また、J:COMは他のWiMAXのプロバイダと比べると料金が高いという点があります。
とはいえ、J:COMは信頼のおける大企業な上、すでにJ:COMのケーブルテレビで視聴を楽しんでいる方や、他のサービスに加入している方にとって割引が利くのは嬉しいですよね。
さらに、他の多くのプロバイダに比べて契約期間が一年短いので、乗り換えや解約もしやすく負担が軽いですし、端末が無料で手に入るので初期費用を抑えたい方にはおすすめです。

WiMAXの料金比較は複雑で、毎月の「月額料金」だけでなく「初期費用」や「キャンペーンによる割引」「契約期間」なども考慮する必要があります。
しかもプロバイダは20社以上あるので、非常に骨の折れる作業となるでしょう。

J:COMと他のWiMAXプロバイダで、電波状況や通信速度・使用できる容量などは変わらないことを考えると、特にこだわりがなければJ:COMのWiMAXはおすすめできるといえますね。

JCOMのお申込みサイトはこちら