JCOMで通信障害が発生した場合の適切な対応マニュアル

 

機会損失につながる可能性を秘めて通信障害

JCOMに限らず光回線やケーブル回線で通信障害が発生した場合、機会損失につながる可能性を秘めています。
プライベートでインターネット回線にアクセスできなくなったのならまだしも、仕事をしているときにインターネット回線にアクセスできなくなったとすれば大問題になりかねません。
規模の大小は問わず突然発生するのが通信障害であり、いつ起こるかは誰にも分からないものです。

もしも通信障害が発生した場合、どういった対応をすべきかを理解している方は少ないはずです。
JCOMで通信障害が発生することはそれほど多くはないものの、起こり得ることであるからこそ適切な対応を事前に把握しておくに越したことはありません。

JCOMで通信障害が発生した場合に最も多い原因となるのが回線接続機器のトラブルです。
まず同軸ケーブルが外れていないかをチェックしましょう。赤点滅をしている場合は同軸ケーブルが外れているあるいはサービス停止の可能性があります。
そしてケーブル線が接続されていた場合はまず機器を再起動させてみましょう。不具合が解消することも少なくありません。
モデムとWi-Fiルーターの2つが原因となって通信障害が発生することは少なくありません。
JCOM側に問題があるのではなく、利用者側に問題がないかをまずは確認した方がよいでしょう。

カスタマーセンターへの問い合わせが最適

JCOMで通信障害が発生した場合に自分が原因ではないと判断した場合、カスタマーセンターに問い合わせをしてみましょう。
モデムやWi-Fiルーターは精密機器で、行き当たりばったりでいじってしまっては元も子もなくなる場合も少なくありません。
専門知識を有しているスタッフに適切な対応を聞いたうえでの選択をした方がよいでしょう。

注意点となるのは受付時間が18時までであることです。夜や深夜になってからカスタマーセンターに問い合わせはできません。
Twitterでの情報が発信されていないかについてもチェックしておいた方がよいでしょう。
なぜ通信障害が発生し、そして今後の復旧具合についても説明されている場合もあります。

事前に通信障害が発生することを想定しての対策をする

JCOMで通信障害が発生することはそうあるわけではありません。
しかし事前に通信障害が発生することを想定しての対策をしておいた方がよいでしょう。

職場や友人知人宅でインターネット回線を借りられる準備をしておくのがよいでしょう。
さらにスマホのデザリングでインターネット回線を接続できるようにするのも重要です。
そして自宅近くのフリーWi-Fiの使える店や場所を事前に確認しておくのもよいでしょう。
何かしらの理由で通信障害が発生した場合、インターネット回線を利用できないことが大問題になることもあるものです。
どうしてもインターネット回線を利用しないといけない場面であるのなら、事前に通信障害が発生することを想定しての対策をするのがよいでしょう。

どの光回線でもケーブル回線でも通信障害が短時間で復旧するとは限りません。
快適に生活を送るにあたっての問題になる可能性もないわけではありません。
通信障害の発生の原因が自分か運営側かを確認し、そしてもしもの場合においてもインターネット回線を利用できるようにしておくのが望ましいです。

日々の生活を送るにあたってインターネット回線を利用しない日はそうないものです。
さらに仕事でインターネット回線を利用することもあるはずです。
どういった理由にしてもインターネット回線を利用できないことは致命的な問題になってしまうからこそ、どういった対応をしていけばよいかを把握することの意味は大きいです。

JCOMのお申込みサイトはこちら