光ファイバーと同軸ケーブルの違い|JCOMを選択すべき?

 

光ファイバーと同軸ケーブルの特徴の違い

同じインターネットサービスであっても、光ファイバーと同軸ケーブルは似て非なるものと認識すべきです。

光ファイバーは光回線業者が提供しており、電柱や地下を通って建物内に引き込んでインターネットサービスを利用できる仕組みとなります。
長距離でも安定した情報伝達が可能となり、弱くなった光信号を再び大きくする仕組みもとられています。

同軸ケーブルはケーブルテレビ局がインターネットサービスを提供するのに利用されており、多重構造を取って外部の電磁波の影響を受けにくいのが特徴です。
同軸ケーブルはテレビに使われるケーブルで、低コストでインターネットサービスを展開できる理由となります。
各建物に回線を分岐させる分配器で切り替えています。

光ファイバーと同軸ケーブルの違いは回線速度です。
光ファイバーは各世帯に引き込むところまで使用しているからこそ、1ギガ以上の高速通信を実現します。
同軸ケーブルは建物に回線を引き込んでいるだけで、通信品質が低下してしまうのがウィークポイントとなります。

受信を目的としている同軸ケーブルはアップロードの速度が遅くなり、高画質の動画の視聴やオンラインゲームのプレイには適していません。
快適に高画質の動画の視聴やオンラインゲームのプレイするのなら、光ファイバーを選択した方がよいでしょう。
さらに同軸ケーブルの方が大掛かりな工事を要し、初期費用が高額になることが多いです。
月額料金にはそれほど差はないものの、通信品質には差があることを理解したうえで選択をした方がよいでしょう。

JCOMなら1ギガ以上の回線速度が実現

JCOMは回線速度に応じて多岐にわたる料金プランを用意しており、ニーズにマッチした選択ができます。
そしてケーブルテレビでは別格の1ギガ以上の回線速度のプランも選択が可能です。

関東地方に限定されるものの、5ギガや10ギガの回線速度のプランも用意されています。
光回線と比べると月額料金が高額となってしまうものの、回線速度に満足のいく選択ができます。

単純な通信品質だけのことを考えるのなら光回線に分があります。
高画質の動画の視聴やオンラインゲームのプレイといった回線速度の速さが重要な用途でインターネットサービスを選択したい場合は光回線を中心にピックアップした方がよいでしょう。
しかし、ケーブルテレビでもJCOMなら望むべく回線速度を誇るプランを選択することができます。
ケーブルテレビだから回線速度が遅いという認識をされる方も多いものの、JCOMに関しては望むべく選択ができると考えて問題ありません。

専門チャンネルを楽しむことをメインに考える方にピッタリ

インターネットサービスの利用だけを考えるのなら同軸ケーブルのJCOMよりも光ファイバーを採用している光回線を選択した方がよいでしょう。
同軸ケーブルを選択するのなら、ケーブルテレビに加入したうえで性能の高いインターネットサービスを利用したい考えがある場合です。
光回線にもケーブルテレビにもそれぞれで異なるセールスポイントがあります。
自分にとってどちらが適しているのかを考えたうえでの選択をするのが望ましいです。

JCOMを視野に入れている方はまずはどういったプランがあるのかを知り、さらに専門チャンネルの詳細や電力やガスなどと一緒に支払いができるようにしたいかどうかも考えた方がよいでしょう。
もちろん、どちらを選択したいとも一長一短あります。回線速度に関しては最大速度が速くとも、問題となるのは実測値です。
周辺環境によって変化していくからこそ、必ず満足のいく回線速度となるかはまったくの別問題になります。

JCOMのお申込みサイトはこちら