JCOMのインターネット回線でなぜZoomが不安定になるのか

 

Zoomは今や仕事上で欠かせないアプリ

パソコンやスマホなどを使い、セミナーやミーティングをオンラインで開催するのに今やZoomは欠かせないものです。
かつてセミナーやミーティングに参加するためには指定された場所に足を運ばないといけないものでした。
しかしZoomによって簡単にセミナーやミーティングに参加できるようになりました。
ウェブカメラ、マイク、スピーカーがあれば問題なくZoomでのセミナーやミーティングに参加できます。
Zoomでのセミナーやミーティングに参加するのはもちろん、自ら開催者となることも可能です。
リアル会場で行っているセミナーやミーティングと同じように場所を選ぶことなく行えるのは大きな魅力であり、多くの企業で取り入れています。

JCOMの回線速度ではZoomが不安定になる理由とは

JCOMでインターネット回線をつないでZoomをした場合にインターネット回線が不安定ですというメッセージが出ることもあります。
そして自分の動きが不安定となって止まってしまうこともないわけではありません。
Zoomはそれほど回線速度の速さは必要としないものの、注意しないといけないのはあくまでもダウンロードの速さであることです。
映像コンテンツなどをダウンロードして見るときにはこのダウンロードの速さが重要であり、JCOMの回線速度で何も問題ありません。

しかしアップロードの速度が遅いという弱点があります。
JCOMの回線速度でZoomでの自分の動きが不安定になる根本的な理由であり、注意しないといけません。

自分の映像で音声を送るときはアップロードであるため、JCOMの回線速度である320Mbpsのプランなら問題ないと考えるのは早計です。
基本的にはダウンロードのスピードが重要視されるものの、Zoomの場合はアップロードのスピードも重要となります。
あくまでも自分の映像や音声を送るときに不安定になる可能性があるだけで、絶対に使えないというわけではありません。

状況によって異なるものの、ダウンロードとアップロードのバランスが取れているとは言い難く、不都合が生じる可能性もないわけではありません。
仕事などでZoomを使うことを考えるのなら、こういった注意点があることを覚えておいた方がよいでしょう。
ダウンロードのスピードとアップロードのスピードは異なるもので、それぞれの光回線やケーブル回線によって異なることも覚えておいた方がよいでしょう。
インターネット回線の速度はそれぞれ置かれている状況に左右され、いちがいにZoomで不安定になるわけではないものの、不安定になる可能性もあることも頭に入れておいた方がよいでしょう。

戸建ての場合は1Gコースを選択しよう

JCOMでインターネット回線をつないでZoomをする機会がある場合、ダウンロードのスピードには問題がなくともアップロードのスピードに問題が生じることもないわけではありません。
戸建ての場合は1Gコースを選択すれば問題が解決する可能性があります。
JCOMで最速となる1Gコースを選択できれば、光回線に見劣りすることもありません。
インターネット回線が不安定で場合によっては通信速度が遅くなってしまうこともあります。

JCOMの場合はアップロードのスピードに問題が生じることが多く、Zoomをする機会がある場合に不都合が生じる可能性を秘めているものです。
1Gコースを選択したとしても絶対に問題が生じないということはないものの、少なくともほかのコースを選択したときよりも安定する可能性が高まるものです。
日ごろからZoomをする機会があることが予想されるのなら、できるだけ快適にインターネット回線を利用できるようにした方がよいのは間違いありません。
自分にとって何をすべきかを考えて対応していきましょう。

JCOMのお申込みサイトはこちら