JCOMを解約しないといけない場合の解約金を回避する方法とは

 

解約金を支払わないといけないのが問題点

JCOMを契約したものの、何かしらの理由で解約をしないといけない場合もあるかもしれません。
この場合、問題点となるのは解約金を支払わないといけないことです。
当然ながら余計な解約金を支払わないようにするのが望ましく、いかにして解約金を回避する方法があるのかを知るのが重要となります。

まず契約後8日以内なら初期契約解除制度を利用することを覚えておいた方がよいでしょう。
契約書面受領日からその日を含む8日間であれば、契約をキャンセルすることができます。
解約金も発生せず、通信速度に納得できなかったり営業マンからの説明不足になって納得ができない契約であったりといった場合に便利です。
まずはJCOMを契約して実際に利用したうえで試してみたいと考える方もいるでしょう。
契約更新月に解約をするといった方法があることを頭に入れておけば、いざというときに困ることはありません。

契約更新月に解約するのが基本

急にJCOMを解約しないといけない場合を除き、契約更新月に解約をするのは基本中の基本となります。
契約更新月に解約すれば解約金がかかることはありません。
契約プラン、戸建てタイプ、集合住宅タイプかによっての違いもあるのが注意点となります。

JCOMに申し込みをした場合には自動更新型サービスに加入することになります。
解約月以外での解約をした場合は解約金が発生することも頭に入れておかないといけません。
たった1日更新月が過ぎてしまうと解約金が発生することになります。契約更新月に解約できない場合、引っ越し先でもJCOMを使い続ける方法もないわけではありません。
JCOM自体には何も不満がないものの、引っ越しをするといった場合に解約金がかからないようにするための方法となります。
もちろん、事前にJCOMが使える地域や建物であるのかを確認しておいた方がよいでしょう。この場合は解約をしないといけなくなってしまいます。

さらに環境に左右されることのないWiFiルーターを契約し、解約をしないようにする方法もあります。
JCOMを選択する理由のひとつとなるのは映像コンテンツを楽しみたいといった方も少なくないはずです。
映像コンテンツを楽しむにあたってはJCOMをそのまま選択することの意味は大きいといえます。

乗り換えキャンペーンを利用すれば、他社に乗り換えるにあたって解約金を乗り換え先が負担してくれることも頭に入れておいた方がよいでしょう。
乗り換えキャンペーンを行っているキャリアへの乗り換えをすることにより、解約金の負担がかからないようにできます。

できるだけ解約をしないようにする

JCOMを解約しないといけない場合の解約金を回避する方法を頭に入れるのはもちろん、できるだけ解約をしないようにすることも頭に入れておいた方がよいでしょう。
JCOMに限らず、長期的に利用するのが当たり前である光回線やケーブル回線は事前に本当に自分に適しているのかを考慮したうえでの選択をするのが望ましいです。
何度も契約して解約をすると余計な費用がかかってしまうのは明白です。

どの光回線やケーブル回線を選択したとしても万人にとって適しているものは存在しません。
それぞれの選択によって良し悪しが存在する以上、自分にとって最良の選択となるのかを考えないといけないものです。
JCOMの場合はインターネットを使うことはもちろん、合わせて多岐にわたる映像コンテンツを楽しみたいのかによって選択するかどうかは変わっていくものです。
映像コンテンツを楽しむことがないのにJCOMを選択するのは大きな損となってしまうかもしれません。
そして結果的に解約金を支払うことにもなりかねないことを覚えておいた方がよいでしょう。

JCOMのお申込みサイトはこちら