J:COM MOBILEの審査はクリアできる?審査についてのあれこれと審査を通すコツ

 

J:COM MOBILEの審査が厳しい?

ドコモ回線とau回線を利用した格安SIMのJ:COM MOBILE。

2020年9月に大幅リニューアルをし、iPhoneSEの第二世代が実質無料で手に入るなどのキャンペーンで注目されています。
J:COM MOBILEは、すべての携帯キャリアと同じく、申し込みの手続きをすると、まずは審査を行った上で契約できるかどうかが決まります。
しかし、ネットの口コミでは、他の携帯キャリアと比べて審査に通りにくいという口コミが多いようです。

ここでは、J:COM MOBILEの審査について、基準や、審査を通りやすくするコツを紹介していきます。
J:COM MOBILEを契約したいけど、過去にいろいろあって審査に通るのか心配。また、J:COM MOBILEはどんな審査をしている?審査を通すために出来ることは?とお悩みの方はぜひ一読してみて下さい。

J:COM MOBILEの審査基準

携帯キャリアの審査は、すべて同じ基準で行われているわけではありません。
キャリアごとに審査基準は異なるので、審査に通りやすいと感じるキャリアもあれば、なかなか通らないと感じるキャリアもあるでしょう。

J:COM MOBILEでは、過去に携帯電話やその他の通信サービスにおいて料金の滞納があると、審査には通りにくくなってしまいます。
携帯キャリアによっては、自身のキャリアと関連会社の滞納はNGにしても、他社の滞納は審査しないという所があります。
しかし、J:COM MOBILEでは、過去に使っていたすべてのキャリアにおける滞納状況がチェックされます。

J:COM MOBILE以外の滞納はどこで調べる?

J:COM MOBILEでは、J:COM MOBILEのサービス料金滞納の有無だけではなく、他の携帯キャリアについても不払いがあったかどうかを審査した上で、そのユーザーが契約できるかどうかを判断します。

しかし、J:COM MOBILEでは、他社への滞納状況まですべてを自身で管理しているわけではありません。
希望者が契約の申し込みをすると、TCA(一般社団法人電気通信事業者協会)という機関へ情報照会を行い、J:COM MOBILEを含めたすべてのサービスに対する滞納情報を審査しています。
TCAでは、通信関係事業者と関連会社の料金不払いや滞納情報を管理しています。そのため、J:COM MOBILEからの情報照会に合わせて情報を提供しています。 J:COM MOBILEからの照会だけでなく、他社からの照会に対しても必要な情報を提供することが、TCAの役割です。

J:COM MOBILEの審査に通らないのはなぜ?

J:COM MOBILEが情報照会を行うTCAでは、複数の企業やサービスからユーザーの料金不払い情報が寄せられ、管理しています。
そのため、携帯料金を滞納して不払いのままであったり、契約と解約を過剰に繰り返したりすると、それが原因でJ:COM MOBILEの審査に通らないという可能性があります。
わかりやすくいうと、「ブラックリスト入りしている」可能性があるということです。

また、J:COM MOBILEへの乗り換えと同時に機種変更も考えている人は、本人の「支払い能力」についても審査が行われます。
10万円を超える高額端末を分割払いで購入しようとすると、厳しい審査が行われることも。
さらに、正社員でなければ安定した収入があるとは判断されず、審査に通らない可能性が高くなります。

J:COM MOBILEの審査に通る方法

原因に心当たりがある方は、ユーザーの情報がTCAによって他社とも共有されている可能性があります。
そうなると、J:COM MOBILEだけでなく、どの携帯会社に行っても審査に通らない可能性が高くなります。ここで解消しておくのが良いでしょう。

そのため、まずは携帯キャリアやプロバイダー、ケーブルテレビなど通信系サービスを中心とした他社への不払いをすべて清算することから始めましょう。
清算すればすぐ審査に通るというわけではないかもしれないですが、清算しているユーザーの方が、不払いを放置しているユーザーよりも、J:COM MOBILEの審査に通る可能性が高くなります。
また、J:COM MOBILEでは毎月の利用料金は口座振替ができるので、クレジットカードが作れない事情の方でも利用しやすいという点があります。

しかし、口座振替での契約は、最寄りの店舗に行く、もしくは郵送での契約になり、WEBでの契約では、クレジットカードが必須になります。
クレジットカードを持っている方は、J:COM MOBILEをクレジット払いで契約するのがおすすめ。
というのも、クレジットカードを持っているというのは、信用情報を図るパラメータの一つなので、有利になるからです。

さらに、専業主婦やフリーターのように、正社員として働いていない方は、高額な端末を分割払いで購入しようとしたときに、審査に落ちる可能性が高くなります。
分割払いとは、つまりローンを組むということです。ローンを組む前には審査があるので、可能なら一括払いを検討しましょう。 もしも一括払いが厳しければ、手持ちのクレジットカードを使い、分割払いにできるかどうかを確認してみて下さい。

まとめ

J:COM MOBILEでは、携帯サービス料金の滞納の有無だけではなく、他の携帯キャリアについても不払いがあるかどうかを審査したうえで、そのユーザーが契約できるかどうかを判断します。
J:COM MOBILEは、通信サービス分野において不払いがなければ、審査に通る可能性は高いといっていいでしょう。

審査が通らない最も分かりやすい原因は、携帯料金を滞納して不払いのままであったり、契約と解約を過剰に繰り返したり、など「ブラックリスト入りしている」可能性です。
他社を含め不払いを清算し、クレジットカード契約をトライしてみる(ダメなら銀行口座振替を利用)、端末を一括払いにする、などを検討してみて下さい。

リニューアル以前はJ:COM(ケーブルテレビ)のサービス提供エリアでないと使えなかったJ:COM MOBILEですが、現在は全国のユーザーが契約でき、おトクな新プランを打ち出しています。
契約審査の不安を無くして、ぜひJ:COM MOBILEを使ってみて下さい。

JCOMのお申込みサイトはこちら