ケーブルテレビサービスのJ:COMとスカパーに違いはある?料金やチャンネル数まで解説

 

J:COMとスカパー2つの違いを解説

テレビで色々な専門チャンネルを観たいとき、ケーブルテレビサービスを導入する人も多いですよね。
ケーブルテレビを観れるサービスは、J:COMとスカパーの2つが代表的な選択肢です。どちらもCMなどで聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?
J:COMとスカパーはどちらも有名ですが、どこに違いがあるのか、気になる方もいると思います。

ここでは、J:COMとスカパーの違いを紹介して、それぞれどちらのサービスがどんな人に向いているかを解説します。これからケーブルテレビを利用したいと思っている人は、参考にしてみて下さい。

J:COMとスカパーの概要

J:COMは株式会社ジュピターテレコムが運営するケーブルテレビのサービスです。ジュピターテレコムはKDDIの子会社であり、ケーブルテレビ事業者の中ではもっとも高い知名度とシェアの実績があります。

ケーブルテレビと聞くと建物に専用アンテナを設置するイメージがありますが、J:COMでは、電柱に張られている同軸ケーブルを利用してテレビを視聴可能にします。
そのため、建物の外観を損ねないということをウリにしています。
J:COMの同軸ケーブルでは地デジも視聴することが可能で、対象のサービスに加入すればインターネットまで利用できます。

一方、スカパーもケーブルテレビサービスの1つで、JSATが運営しています。スカパーでは、ベランダなどにアンテナを設置してケーブルテレビを視聴することが一般的です。
以前まで、スカパーで利用するアンテナは天候の影響を受けやすいという弱点があり、J:COMと比べると画質の安定性が低くなってしまうのがデメリットでした。しかし、現在は光回線でケーブルテレビを視聴するサービスを展開しているので、画質の安定性が向上しています。

チャンネルの豊富さは共通

根本的な仕組みこそ異なりますが、J:COMとスカパーはどちらとも、ケーブルテレビを観るために伴う工事が必要です。
J:COMとスカパーのどちらかを選ぼうか迷っている人のほとんどは、視聴できるチャンネルの内容に違いがあるのか、気になっているのではないでしょうか?

基本的な取り扱いチャンネルの内容については、J:COMとスカパーではほとんど変わりません。
たとえば、音楽系ではJ:COMとスカパーのどちらも、スペースシャワーTV・MUSIC ON!TVといった主要チャンネルを配信しています。
スポーツもJ SPORTSや日テレG+、GAORAなど、どちらのサービスでも視聴可能。国内外ドラマやバラエティ、アニメのチャンネルもほとんど共通しています。 そのため、主要チャンネルを観るのであれば、J:COMとスカパーのどちらでもそれほど変わらないといっていいでしょう。

J:COMとスカパーの違いとは

J:COMとスカパーはどちらも専門チャンネルが視聴できるサービスですが、あらゆる相違点があります。

1.テレビのデータを受信する方式が違う

J:COMとスカパーではテレビのデータを受信する方法が大きく異なっています。J:COMでは、同軸ケーブルを使ってテレビのデータを受信します。
スカパーでは、アンテナを設置するか光回線を使うか、どちらかを選びます。

2.セット利用できるインターネット回線の種類が違う

J:COMとスカパーはどちらもインターネット回線をセットで利用することができますが、セットで契約できるサービスは異なります。
J:COMでは専用の同軸ケーブルを利用するため、J:COMのインターネット回線サービスを利用することになりますが、スカパーではフレッツ光ほかの光回線を選びます。
そのため、スカパーでは、テレビと別でインターネットサービスを選択し、契約しなければなりません。

3.プラン内容と月額料金が違う

J:COMには3種類の料金プランがあり、「スタンダード」、「スタンダードプラス」、「セレクト」プランがあります。

「セレクト」はほかの2つより低料金で、視聴するチャンネルを選べます。
チャンネル数が多くてもすべてを網羅することは難しいですし、見ないチャンネルもありますよね。セレクトでは特定のジャンルを選択できるので、無駄なく「観たい」チャンネルだけを観ることができます。

一方スカパーでは、6種類の料金プランから選べますが、チャンネル数が最も多い「スカパー!光パック」でも62ch。

J:COMでは「スタンダード」で88ch以上、「スタンダードプラス」では98ch以上のチャンネル数を保持しています。
月額料金はその分スカパーより高くなりますが、基本料金のパックで見放題を楽しみたいという人は、豊富なコンテンツを提供するJ:COMを選ぶといいでしょう。

まとめ

基本的な取り扱いチャンネルの内容については、J:COMとスカパーではほとんど変わりがありません。
主要なチャンネルを観たいだけの方は、J:COMとスカパーどちらを選んでもいいでしょう。

しかし、全体的なチャンネル数でいえばJ:COMに軍配が上がります。月額料金は高くなりますが、その分基本料金のパックの中で、多くのコンテンツを見放題できます。

さらに、J:COMではケーブルテレビ以外のサービスが充実しているという強みがあります。インターネットや電話、電気・ガスなどとセットで使えば割引になり、あらゆる支払いの請求窓口が一つになるので便利です。
生活の固定費を削りたい、支払いを1カ所でまとめたいという方にもJ:COMはおすすめです。

ケーブルテレビサービスには、料金や視聴できるチャンネルに違いがあります。違いを知ってから契約するべき事業者を考えましょう。

この記事を読んで、ぜひケーブルテレビの選択に役立てれば嬉しく思います。

JCOMのお申込みサイトはこちら