JCOMの解約に伴うトラブルを避けるための方法について

 

すぐに解約するのはおすすめできない

今現在JCOMを契約しており、何かしらの理由で解約したいと思った場合に即決するのは危険です。

まず確認しないといけないのは契約内容についてです。
契約をした契約日、プランを変更した場合の変更日の確認が必要となります。
できるだけ違約金が発生しない時期に解約をするのが鉄則です。

ほかのケーブルテレビでも光回線でも同様で、適切なタイミングを見計らって解約をした方がよいでしょう。
違約金が発生しない時期に解約をし、契約期間が分からない場合はカスタマーセンターに問い合わせをすればすぐに判明します。
もちろん、解約日からJCOMのすべてのサービスは利用できなくなるため、月末の解約の方が無駄はありません。

すぐに解約したい気持ちがあったとしても、まずは状況を整理したうえで本当に今解約すべきであるかを模索した方がよいでしょう。

JCOMの解約に伴う注意点とは

JCOMを解約した場合にはテレビを見られなくなる可能性があることを覚えておかないといけません。
自宅のテレビのアンテナを撤去してJCOMを利用していることもあります。

テレビを見られなくなることを避けるためには、アンテナを再度設置したりテレビを見られる光回線を契約したりと体制を整えるのが肝心です。
さらに、専用のメールアドレスが使えなくなるのも忘れてはいけません。
フリーメールを使うなどして対応するようにしましょう。

そしてauスマートバリューの恩恵を受けられなくなってしまうのも大きな問題です。
同様にauスマートバリューの恩恵を受けられる光回線に乗り換えるか、そのまま継続してJCOMを利用するといった選択をすればお得度が高いです。

これらの注意点を加味したうえで本当にJCOMを解約すべきかどうかを考えるのが肝心であり、乗り換えようと思っているケーブルテレビや光回線が利用できない地域である可能性もあります。
総合的に考えてJCOMを解約するか継続して利用するかを考える必要があります。

高額な違約金が発生する

解約期間以外で解約をする場合は高額な違約金が発生することを忘れてはいけません。
戸建てのスマートお得プランは20,000円、集合住宅のスマートお得プランは10,000円と高額な違約金がかかります。

さらに、解約に伴う撤去費用のことも考えないといけません。
撤去の方法により金額が変わり、2,000円か6,000円かの違いがあります。
JCOMの線が建物に残るのか残らないによって撤去費用が変わり、解約の際にはオペレーターに線を残しておいてほしいと伝えると撤去費用が2,000円で済む場合もあります。
高額な違約金が発生することを懸念するのなら、まず解約期間に合わせて解約することを念頭に置いた方がよいでしょう。

さらにほかの光回線に乗り換えるという方法もあります。
加入特典としてキャッシュバックをもらうことができて、実質違約金が0円になるものです。
JCOMを解約した後にインターネットサービスを利用しなくなるのか、さらにほかのケーブルテレビや光回線を選択するのか、先々の方向性を決めたうえでのJCOMを解約するのが望ましいです。
どのケーブルテレビでも光回線であっても一度契約をすると長期的に利用するのが大前提となります。

何かしらの理由があってJCOMを解約するに至ったものの、ほかの選択をしても問題が解決するかどうかは別問題となるものです。
ケーブルテレビでも光回線でも誰しもに適したものは存在せず、必ずセールスポイントとウィークポイントがあります。
自分にとって何が最適であるのかを考えたうえで、JCOMを解約するようにしないと後に後悔することになりかねません。
プランを変えることによって問題が解決する場合もあるため、安易に解約に走らないようにしましょう。

JCOMのお申込みサイトはこちら