JCOMの回線速度が遅くならないための3つの対策について

 

回線速度を測るときの注意点

一般的にJCOMをはじめとしたケーブルテレビの回線速度は光回線よりも遅いといわれています。
最大速度であり、光回線は1ギガであるのが当たり前であるのに対し、ケーブルテレビは最大速度が遅くなっています。

あくまでも最大速度であるものの、快適にインターネットを利用するための回線速度であるかどうかで重要な要素となるものです。
そして最も重要となるのは実測値です。実測値に関しては周辺状況によって変わっていくため、常に一定というわけではありません。
多くの方がインターネットを利用する時間帯はどうしても回線速度が遅くなってしまうものです。
回線速度を測るにあたっては昼間と夜では異なるのが当たり前であることを認識した方がよいでしょう。

ライフスタイルをかんがみてどの時間帯にインターネットを利用することになるのかを考慮すべきです。
もちろんJCOMの場合はどのプランを選択するかによって回線速度の最大速度が変わるため、自分のインターネットを利用するときの用途に合わせての選択をしましょう。
当然ながら高額なプランを選択した方が回線速度について頭を悩ませることは少なくなります。
しかし常に快適にインターネットを利用できる回線速度となるかは別問題になるものです。

市販のWi-Fiルーターに変更する

JCOMのWi-Fiルーターは高性能といえる機器ではありません。
そのため市販の高性能のルーターを導入することも検討した方がよいでしょう。

市販のWi-Fiルーターを導入するのには出費が伴うため、慎重に判断すべきではあるものの、回線速度を保つのに役立つ可能性があります。
ビームフォーミング搭載で快適なインターネットを利用するのを可能とする市販のWi-Fiルーターを導入すれば今現在よりも回線速度が遅くなるのを防げる可能性があるものです。
さらに自宅内に電波中継器を設置するのもひとつの方法です。高性能のWi-Fiルーターよりも安価で回線速度を保つのに効果的な方法となります。

回線接続機器の設置場所を変更して対応

通常Wi-Fiルーターはメインで使用する部屋の中央部分に設置するものです。
電波がまんべんなく最短距離で受信できるためです。

しかし部屋の中央部分は電源への配線などが生活を送るにあたって邪魔になることもないわけではありません。
部屋の中央部に近い壁際に回線接続機器を設置するのが一般的であるものの、もしかしたら回線接続機器の設置場所に問題があって回線速度が遅くなっている場合もないわけではありません。
インターネットを利用できるとともに、数多くの専門チャンネルを楽しめるJCOMはセットで考えるとお得度の高い選択ではあるものの、回線速度に問題があると思っている方もいるでしょう。

光回線を選択したとしても回線速度が遅くなってしまうこともあるものです。
いちがいにJCOMだけの問題であると考えるのは間違っています。
どのプランを選択するかによって回線速度が変わることを考慮し、自分にとって適した選択をするのがよいでしょう。

そして回線速度が遅くならないように自分で対策していくことも考えるべきです。
自分ではどうにもできない場合もあることも頭に入れておいた方がよいでしょう。
光回線と同じ1ギガのプランも選択できて、回線速度に不安がある方にとってピッタリのプランとなります。

どのプランを選択するにしても重要となるのは自分にとって適しているかどうかです。
あまりインターネットを利用することがないのなら、それほど回線速度に拘ることもないでしょう。
逆に動画の視聴やオンラインゲームをプレイするといった場合は回線速度の速さが必要になるものです。
ライフスタイルをかんがみての選択をすれば、後に後悔することはなくなるでしょう。

JCOMのお申込みサイトはこちら