JCOM電力のメリットデメリットを紐解く|選択すべき人の特徴

 

JCOM利用者は契約可能

JCOMはKDDIと住友商事が出資するケーブルテレビ局です。
インターネットとテレビの両方のサービスを提供しているのは多くの方に知られているものの、JCOM電力の存在については知らなかった方も多いはずです。
JCOM電力はJCOMのサービスとのセットで契約ができます。
電力自由化に伴い、参入した新電力のなかで高いシェアを獲得しています。

JCOMを契約するにあたって注目すべきはやはりどれぐらい電気料金が安くなるかでしょう。
JCOM電力の特徴としては基本料金が大手電力とほぼ同額で300kWhを超えた場合に料金単価が10%安となる設定できます。
そのため電気の使用量が300 kWh超えるかが大きなポイントになります。
300kWhを超えるとなると3人以上で生活をしていることが条件といえます。
一人暮らしや二人暮らしの方にとってはあまりメリットのある選択とは言い難いです。

支払い方法はJCOMの利用料金と一緒に支払い、クレジットカード払いや口座振替にも対応しています。
JCOMを利用するのなら合わせてJCOM電力も契約した方がよいと考える方も少なくないはずです。
JCOMを利用するにあたって合わせてJCOM電力を契約しようと考える方もいるでしょう。

3人以上で生活をしている場合は特にメリットがあります。そして支払いを一緒にできることが楽と考える方もいるはずです。
自分にとって何を最優先と考えるかによって選択が変わっていくのは間違いありません。
JCOMの利用者であれば合わせてJCOM電力を契約できることは覚えておいた方がよいでしょう。

JCOM電力を契約しても品質は同じ

JCOM電力を契約すると今までの電力会社と変わってしまうことを不安視される方もいるものの、品質は同じです。
契約している電力会社との解約手続きも室内工事の必要もありません

日本の電力市場は地域電力会社によって独占体制が続いていたものの、電力自由化によって新規事業者の参入が始まりました。
そして小売電気事業者によって自由に料金設定が行われています。
それぞれの新電力会社が従来の地域電力会社の料金と比べて格安の料金設定としており、ユーザーにとって嬉しい要素です。
JCOM電力も例に漏れず従来の地域電力会社の料金と比べると格安の料金設定をしています。

もちろん電力自由化となったことでJCOM電力以外の新電力会社を選択する方法もあります。
そして万人にとって選択すべき電力会社はないと考えた方がよいでしょう。
それぞれの新電力会社が差別化を図ることを目的に異なるプランを用意しています。

JCOM電力はJCOMの利用者が一緒に支払いができたり3人以上の世帯の場合はお得度が高いです。

電気契約をお得にするのは当たり前

電力自由化がスタートしたことで電気契約をお得にすることは当たり前といっても過言ではありません。
集合住宅に住んでいる場合は選択できないこともあるものの、戸別での契約をしているのなら自由に電気の契約ができます。

どのキャリアのスマホやタブレットを選択するかによってお得度が変わるのは当然です。
さらに同じ会社の光回線を選択することによってスマホやタブレットの料金が割引となっていくのも当たり前となっています。

JCOMの利用者がJCOM電力を合わせて契約することによってお得になるのもひとつのセット契約です。
インターネットとテレビそして電気やガスとすべてを一緒にできるプランも用意されています。

これからJCOMを契約しようと思っているのなら視野に入れてみてはいかがでしょうか。
注意点となるのはJCOMの利用者であるのが条件となるため、解約をしてしまうと当然ながら合わせて解約をすることになります。
中長期的にJCOMの利用者であることを大前提に考えるべきであり、先々の生活の見通しが立たない場合は安易に選択すべきとは言い難いです。

JCOMのお申込みサイトはこちら