JCOMメッシュWi-Fiの詳細を解説|中継器との違いとは

 

JCOMメッシュWi-Fiの詳細とは

インターネット接続サービス向けオプションとしてJCOMメッシュWi-Fiの提供がスタートします。
数多くの光回線やケーブル回線からJCOMを選択する場合は、JCOMメッシュWi-Fiの存在も頭に入れておいた方がよいでしょう。

コンセント直結でコンパクトと決して邪魔にはなりません。
手頃な価格と小さなサイズといった魅力的な要素を兼ね備えており、指定プラン契約時は月額800円、標準価格は月額1,000円となります。
どの場所においてもまったく違和感のないデザインであるため、廊下や寝室などに設置するのも問題ありません。
通信事業者として月額制でメッシュWi-Fiサービスを提供するのは初の試みで、Wi-Fi環境の速度や接続に関しての不満を解消できるきっかけになる可能性を秘めています。
Wi-Fi接続の不安定さや速度低下といった問題を抱えている場合、JCOMメッシュWi-Fiを利用することも考えた方がよいでしょう。

メッシュWi-Fiと中継器の違いとは

網目状に張り巡らされたWi-FiネットワークであるメッシュWi-Fiと中継器は似て非なるものです。
通常1台のWi-Fiルーターにスマホやタブレットなどさまざまなデバイスがつなげて利用することになります。
接続数が少ないときはそれほどWi-Fi接続の不安定さや速度低下といった問題につながらないものの、接続台数が増えてくるとこれらの問題が浮上します。
どうしてもシステム上、ネットワークの負荷がWi-Fiルーター1台に集中してしまうのが根本的な原因です。

メッシュWi-Fiルーターと1つ以上のメッシュWi-Fiサテライトで構成されるメッシュWi-Fiなら、Wi-Fi電波を分散できます。
中継器のウィークポイントである1台のルーターに負荷がかかるのを克服し、自動的に最適なルーターを選択してWi-Fi接続してくれます。
安定したインターネット回線を利用することにつながっていき、場所によって電波の強弱がほとんどありません

複数の部屋を有する自宅に住む場合におすすめ

JCOMメッシュWi-Fiは複数の部屋を有する自宅に住む場合におすすめです。
リビングにいるときは問題なくインターネット回線を利用できるにしても、各個人の部屋に足を運んだ場合はWi-Fi接続の不安定さや速度低下といった問題が生じることもあります。
複数の部屋を有する自宅の場合はそれぞれの場所によって快適にインターネット回線を利用できるかどうかが変わっていくものです。
Wi-Fi製品が増えている現代において、いつでもどこでも快適にインターネット回線を利用できることは必須項目といっても過言ではありません。

中継器はあくまでもルーターの電波を橋渡しする子機でしかなく、ネットワーク負荷はまったく減ることはないものです。
本体にだけネットワークが集中しないようにするメッシュWi-Fiは最適な端末に自動で切り替わり、快適にインターネット回線を利用できます。
中継器のアクセスは親機に負荷がかかり、手動で選択しないといけないのも面倒といえるでしょう。

Wi-Fi対応デバイスが多く、部屋数が多くて寝室や浴室でもWi-Fiを使いたい場合においてJCOMメッシュWi-Fiを選択する価値は高まるものです。
Wi-Fiデバイスが多い家庭であるのなら取り入れることを考えた方がよいでしょう。
自宅のどの場所にいたとしても安定してインターネット回線を利用できることにより、生活を送りやすくなるのは明白です。
仕事でインターネット回線を利用する場合は取り入れることを強く意識した方がよいでしょう。

JCOMのインターネット回線が不安定で速度低下してしまうといった場合には従来の中継器を使用していることが理由となっているかもしれません。
JCOMメッシュWi-Fiはそれほど大きな経済的な負担とはならず、日々の生活を快適に送るために取り入れることを考えてみてはいかがでしょうか。

JCOMのお申込みサイトはこちら