【JCOM戸建て向け】回線速度の速さにうってつけコースの魅力

 

ケーブルテレビは回線速度に不満足

一般的に光回線よりもケーブルテレビは回線速度が遅いと認識している方が多いです。
最大速度と実測値は別物で、最大速度が速いといっても実測値に満足ができるかどうかは分かりません。
しかし最大速度が遅いとなると、当然ながら光回線よりも回線速度が遅いと感じる理由になるものです。

JCOMのようなケーブルテレビのインターネットサービスは最大速度が遅く、インターネット専用のケーブルを使っていないことが理由となります。
一般的なケーブルテレビの下り最大速度は光回線の3分の1ほどしかありません。上り最大速度ならさらに差は開き、光回線の100分の1となります。

メールや写真の送付、さらに動画の視聴やオンラインゲームのプレイといった日常生活でインターネットサービスを利用するのに問題なく回線速度であるか不安を抱く方もいるでしょう。
現実的にはダウンロードに関してはそれほど問題なくとも、アップロードが遅くて不便を感じる方が多いです。
オンラインゲームをプレイするのは難しく、ダウンロードが終わらずさらにはタイムラグが発生してまともにプレイできないという声が多いです。
動画の視聴やオンラインゲームをプレイするといった目的で選択すべきとは言い難いといえます。

自宅の立地の都合で光回線を選択できない、動画のアップロードやオンラインゲームをプレイしない、ネットサーフィンやメールチェック程度しかインターネットサービスを利用しない場合においては特に問題ありません。

JCOMは回線速度の速さ重視の方にピッタリ

戸建て向け限定とはなるものの、JCOMには超高速インターネットサービスである1G、5G、10Gのコースを選択できます。
一般的な光回線が1Gであり、回線速度の速さを重視する方にピッタリのコースとなります。
写真や動画のダウンロードがスピーディーで快適で、さらにパケット通信料を気にすることなくインターネットサービスを利用できます。
プロバイダ料やセキュリティー対策もすべて込々であるのも嬉しい要素です。

一般的にケーブルテレビの回線速度は遅いといわれているものの、JCOMの超高速インターネットサービスを利用できるプランであれば、何も問題ありません。
回線速度の速いインターネットサービスを利用しながら、数多くの専門チャンネルを楽しむことができます。

最大速度と実測値は一致しない

超高速インターネットサービスである1G、5G、10Gのコースを選択すれば、光回線と同等あるいはそれ以上の回線速度となるため、ストレスが溜まることはほぼありません。
しかし、覚えておかないといけないのは最大速度と実測値は一致しないということです。

最大速度が速くても実測値は住む場所の周辺環境によって異なるものです。利用者が多くなる時間帯は回線速度が遅くなってしまうこともあります。
夜の時間帯や土日祝日はインターネットサービスを利用する方が多くなり、回線速度が遅くなることも覚えておかないといけません。
これはどのケーブルテレビでも光回線でも同じです。いくら超高速インターネットサービスであっても、利用者が多くなって混雑してしまうと回線速度が遅くなることもあります。

少なくとも超高速インターネットサービスである1G、5G、10Gのコースを選択することで、通常時でストレスが溜まることはありません。
動画の視聴やオンラインゲームのプレイにしても問題はありません。
ほかのコースと比べると月額料金が高くなってしまうものの、快適にインターネットを利用することを考えるのなら1G、5G、10Gのコースを選択しましょう。
まずは自分が住んでいるエリアで選択できるかをチェックしてみてください。

JCOMのお申込みサイトはこちら