JCOMの通信速度が遅いといわれる理由と他社との比較について

 

JCOMの通信速度はコースによって異なる

JCOMでは料金別に1M、12M、120M、320M、1Gと5つのコースが用意されています。
利用目的に合わせて最大速度を選べるのが特徴です。

1Gコースに関しては光回線と同等の最大速度が出るコースであるものの、地域が限定されてかつマンションでは設備がないと利用できません。
誰もが選択できるのは4つのコースということになります。

JCOMの通信速度が遅いといわれる理由のひとつとなるのは通信速度が遅いコースを選択していることです。
1Mや12Mでは画像が多いWEBサイトの読み込みすら遅いと感じてしまうものです。
メールの受信やチャットアプリを利用するのなら問題ないものの、動画視聴やオンラインゲームをプレイするとなった場合は320Mを選択した方がよいでしょう。
JCOMで最も人気のコースであり、動画視聴やオンラインゲームをプレイするのにも対応した通信速度となります。

一般的に日本で普及されている光回線は1Gbpsの通信速度が出るため、比較した場合は通信速度が遅くなってしまいます。
しかし問題となるのはあくまでも実行速度であり、最大速度ではありません。
常に最大速度が出るというわけではなく、実行速度こそが快適にインターネットを利用できるかどうかの問題になります。

320Mなら日常利用で困ることはない

JCOMの通信速度はコースによって異なり、できるだけ早い通信速度のコースを選択すれば問題ありません。
動画視聴やオンラインゲームのプレイといった通信速度の速さが必要となる場合に最大速度が遅いのならストレスの原因となってしまうでしょう。

光回線の1Gbpsであっても通信速度が遅いと感じることもあるものです。
注意点となるのはケーブルテレビ回線の光ハイブリッド方式は通信が不安定になることが多いです。
光回線と比べると通信が不安定となることによって通信速度が遅いと思ってしまう理由になるものです。

そして同じ家に住んでいる方が通信容量の大きいサービスを利用しているときはインターネットがつながりにくくなります。
光回線と比べるとスペック自体はJCOMが劣るのは事実であるものの、快適にインターネットを利用できないわけではありません。

そして単純にスペックが劣っているのを理由にJCOMの通信速度が遅いと声をあげる方もいるのが事実です。
昔と比べるとインターネットを利用するにあたっての通信速度に対しての基準が高くなっています。
余裕を持った通信速度でインターネットを利用したい、あるいはインターネット上で動画や写真を保存したい、オンラインゲームをプレイしたいといった場合においては迷わず320Mを選択しましょう。
どの通信速度であるかによって快適にインターネットを利用できるかどうかは変わっていきます。

ゴールデンタイムは通信速度が遅くなりがち

光回線であってもケーブルテレビであってもゴールデンタイムは通信速度が遅くなりがちという点は覚えておいた方がよいでしょう。
JCOMの通信速度が遅いと感じている方のなかにはゴールデンタイムに実行速度を測っている方もいるものです。
道路を例に挙げると多くの車が行き交うようになれば渋滞してしまうこともあります。
逆にまったく車が行き交うことがなければ快適に運転できるようになるでしょう。

インターネットを快適に利用できるかどうかはどれぐらいの方が同じくインターネットを利用しているかによって異なるものです。
少なくとも適切なコースを選択すればJCOMは快適にインターネットを利用できないわけではありません。
インターネットと専門チャンネルの両方を楽しめて、日々の生活をより豊かにするだけの要素を持ち合わせています。
JCOMは通信速度が遅いわけではなく、コース選びやインターネットを利用する人数に左右されることを覚えておきましょう。

JCOMのお申込みサイトはこちら